おくつ整形外科クリニック


MENU
当院の予約制について

概要
MENU 院長あいさつ

診療施設、設備

交通案内

手根管症候群

バネ指

トップページ

バネ指



バネ指は、ピストルやライフルの引き金を引くようなカクカクした指の動きをすることからトリッガーフィンガー(Trigger Finger) あるいはスナッピングフィンガー(Snapping Finger)とも呼ばれています。 患者さんにとっては、手指の屈伸のたびに指の付け根の炎症をおこした腱鞘に腱の腫れた部分がひっかかり、指の運動制限や痛み、不快感を感じる疾患です。

腱滑膜炎の原因が特定できない特発例は、手根管症候群同様に中高年の女性に多く見られます。 長期に渡り血液透析を受けている患者さんにおいては、手根管症候群と数箇所のバネ指が合併していることも多くあります。



指の付け根(MP関節部)の腱鞘に腱滑膜炎(腱鞘炎)が起こることにより発症します。


腱鞘を切開する手術で、ばね現象は100%治癒します。 しかし、腱滑膜炎がおさまるわけではないので、手術後しばらくの間、非ステロイド性消炎鎮痛剤の内服を必要とする場合もあります。
当院では、外来日帰り手術で行っています。手指は手術直後から使用できます。
コピーライト