おくつ整形外科クリニック


MENU
当院の予約制について

概要
MENU 院長あいさつ

診療施設、設備

交通案内

手根管症候群

バネ指

トップページ

手根管症候群



手根管は、手のひらの付け根にあるトンネル状の腔間です。 この手根管の中の圧力が何らかの原因で高まると、中を通る正中神経が圧迫されて、親指、人さし指、中指、薬指の親指側でしびれや痛みを感じるようになります。
これが手根管症候群と呼ばれる病気です。
病気が進むと、親指の付け根の筋肉が徐々にやせてきて、ものがつかみにくくなったり、お箸が使いづらい、ボタンがかけにくい、といった症状がでてきます。



日本では、長期に人工血液透析を受けておられる患者さんに多くみられますが、これは透析によってアミロイドという物質が手根管のなかの組織にたまるためです。 そのほか、キーボード操作など手をよく使う人やリウマチの患者さん、また骨折などで手根管が変形しておこったりもします。
また、原因を特定できない場合も多くあり、特発例とよばれています。この特発例は中高年の女性に多くみられます。



臨床症状誘発テストといって、手首を曲げる、反らす、あるいは手首の中央部分をたたいくなどして、手指のしびれ感が増したり痛みがはしるかどうかを調べる方法があります。
ただ、手根管症候群の人がかならず100%陽性になるというわけではないので、手首に弱い電気的な刺激を与えて、神経の伝導速度を測り、速度が遅ければ手根管症候群と診断します。
ただ、首のところで神経が障害されても同じような症状が起こるので、首のレントゲンもとるなどして、原因がどこにあるのかを見極めることが重要です。



症状が軽い場合は、手関節を固定して安静にしたり、症状に応じて消炎鎮痛薬を飲んだり、手根管内にステロイドを注射して経過をみます。 しびれや痛みに耐えられない場合や筋力の低下が著しい場合は、神経に対する圧迫を取り除く手術をすることになります。


神経に対する圧迫をとりのぞくため、手根管の一部を構成する屈筋支帯(靱帯)を切り離します。
当院では、手首部分の皮膚を1cmほど切開し、内視鏡を用いて手術をしています。時間は30~40分程度で、その後は帰宅できます。
手は手術直後から使用でき、手術創は5〜7日間程度で治ります。手のしびれ等がとれ、知覚が正常に改善する期間は、病気の程度などにより個人差があります。 75%の患者さんは約6週間で正常に改善します。握力は、靱帯を切ることでいったんは落ちますが、ほとんどの場合半年程度で回復します。筋力は6〜12ヶ月程度まで改善が見られます。
コピーライト